輸出業について

双葉貿易(株)の輸出業について

輸出業北は北海道、南は沖縄まで日本各地からのスクラップ輸出ご依頼も大歓迎です。
せっかく選別してあるけれど、『ライセンスがない』『手数料が高い』『輸出先のあてがない』等で輸出ができないスクラップの有る方、当社が貿易を中立します。
厚み・長さ・材質等グレードごとに分類されるだけで、その鉄くずは宝の山になります
≫≫製鋼用鉄スクラップ検収規格表

双葉貿易の強み

手数料が安い
他国へのパイプがなく、高い手数料を支払って大手商社に依頼しないと買い取って貰えないようなスクラップでも、双葉貿易は相手国メーカーとの直取引の実績と信頼があるため、手数料を他社よりお安くできます
全国から輸出可能
全国どこでもお客様の身近な港から、余計な移動コストをかけず、スムーズに輸出を行えます。
業界黎明期からの実績と信頼
アジア諸国への鉄スクラップ輸出業は1990年頃から始まりましたが、双葉貿易はこの鉄スクラップ輸出産業の黎明期から、多くのアジア諸国と取引を行っていました。そのため、繋がり・歴史・実績・ノウハウ、このすべてにおいて、多くの海外会社から信頼を頂いています
特に中国への輸出に関しては厳しく、ライセンスを取得していないと輸出そのものが行えないのですが双葉貿易は、許認可取得、ISO基準認定、中国への輸出ライセンスを正式取得した優良企業です。
きちんとしています
日本の常識、世界の非常識とはよく言ったもので、貿易とは相手国の事情を良く理解した上で行わなければなりません。例えば日本で缶コーヒー等で使われるスティール缶。日本では当たり前のようにリサイクルされていますが、中国では生活廃棄物として輸入禁止品目です。
我々は常に現状を理解し、相手のニーズに答えれる様、きちんとした事以外はやりません

リサイクルで未来クル!
国内では埋め立て・焼却で処分していた素材も、分類するだけで、海外でもう一度輝ける手段があります。限られた資源、もっと輝ける場所で活躍させたい。日本だけでなく世界で、循環型社会を支えていきたい。私たちの願いです。

お問い合わせは0256-36-0072まで